一二三神示 第九巻 気の巻

気の巻 一二三神示 天地日月
目次

一二三神示 第九巻 気の巻

一二三神示『気の巻』 全十七帖 構成

注目ポイント

・柏手の働きの意味

・一二三祝詞の説明

・神示を読むことで仕事が変わる

気の巻 第一帖

節分からは手打ちながら、一二三祝詞 宣りてくれよ

柏手かしわでは元の大神様のまつたおん働きぞ、高皇産霊たかみむすひ神皇産霊かみむすひの御働きぞ、御音ぞ、和ぞ、大和だいわのコトぞ、言霊ぞ、喜びぞ、喜びの御音ぞ、悪祓う御音ぞ

イシモト、イソガミ、カドタ、ご苦労ぞ。

ショウダご苦労ぞ、サイトウご苦労ぞ、カドタご苦労ぞ。

節分 境に何もかも変わりてくるのざぞ、何事も掃除一番ぞ。

一月二十九日 ◉ ノヒツ九ノカ三 記す

気の巻 第二帖

筆読めば何もかも分かるようになりていること判らぬか、尾張の御用、ご苦労であったぞ、奥の奥のこと仕組み通りになりている、臣民心配するでないぞ。

一の宮は桜咲く所へ造れよ、わかりたか、天之日津久神あめのひつくのかみ 奉賛会ほうさんかいでよいぞ、大神実神と申しても祀りくれよ、祭典まつり、国民服の左の胸に八垂れのシデ二本付けて、絹のシデ付けて当分 奉仕してよいぞ。

道場は一の宮と一つ所でよいぞ、イイヨリの御用、タニハの御用 ご苦労であったぞ。

皆の者いよいよざぞ、今から弱音では何も出来んぞ、春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケて、ハルマゲドンと申してあろが。

いよいよざぞ、フンドシ締めよ、グレンざぞ。

二月二十六日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第三帖

雨の神 風の神 地震の神 岩の神 荒の神様にお祈りすれば、この世の地震、荒れ、逃らせて下さるぞ、皆の者に知らしてやりて下されよ。

この方 イの神と現れるぞ、キの神と現れるぞ、シチニの神と現れるぞ、ヒの神と現れるぞ、ミの神と現れるぞ、イリヰの神と現れるぞ

五柱いつはしらの神様 篤くおろがめよ、十柱とはしらの神 篤くおろがめよ。

三月八日 ヒツ九ノカ三 シラスゾ

気の巻 第四帖

神の大事の肝心の所が違ったことになりているから、その肝心要のところ元に戻さな、何ほど人間が幾ら学や智でやりてもどうにもならんぞ。

元の先祖の神でないと、ここというところ出来んぞ、◉の国の元の元のキの身霊を入れて練り直さな出来んのざぞ。

肝心がひっくり返っているぞ、早う気づかんと間に合わんぞ、もちと大き心 持ちなされよ、世界のことざから、世界の御用ざから、大き心でないと御用出来んぞ。

これからは◉が化けに化けて心惹くコトあるから、そのつもりでいてくれよ、三、四月 気つけてくれよ。

三月九日 ヒツ九ノカ三 フデ

気の巻 第五帖

この神示は心通りに映るのぞ、思い違うと幾ら神示読んでも違うことになるのぞ、心違うと今度はどんなに偉い神でも人でも気の毒できるぞ、この方は悔やむコト嫌いぞ。

次の世となれば、これまでのように無理に働かなくても楽に暮らせる嬉し嬉しの世となるのざが、臣民、今は人の手に握っているモノでも叩き落として取る様になりているのざから、◉も往生ざぞ。

◉は臣民、楽にしてやりたいのに、楽に馴れて、自分でした様に思うて、◉を無きものにしたから、今度の難儀になって来たのざぞ、そこに未だ気付かんか、キが元ぞと申してあろがな、早う気付かんと間に合わんぞ。

この◉は、従う者には穏やかざが、逆らう者には鬼となるのざぞ。

三月十日 一二◉

気の巻 第六帖

道場開き結構でありたぞ、皆の者ご苦労ぞ、知らしてあるように道 開いてくだされよ、天と地と合わせ鏡ぞ、一人でしては成らんぞ。

桜咲くところ、桜と共に花咲くぞ、夏マケ、秋マケとなったら、冬マケて泣き上げてはならんぞ、戦済んでからがいよいよの戦ぞ。

フンドシ締めよ、役員も一度は青なるのざぞ、土潜るのざぞ、九、十、気つけてくれよ。

神示よく読めよ、肝心のコト分かりてはおらんぞ、一・・・三。

三月十一日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第七帖

モノ、自分のモノと思うは天の賊ぞ、みな天子様のモノざと、くどう申してあるのにまだ分からんか。

行い出来て、口静かにしてもらうと、何事もスラリといくぞ、行が出来ておらんと、何かのことが遅れるのざぞ、遅れるだけ苦しむのざぞ。

◉の国も、半分のところには嫌なコトあるぞ、洗濯出来た臣民に元の神がウツリて、さあ今ざと言うところになりたら、臣民の知らん働きさして、悪では出来ん手柄さして、なした結構なコトかとビックリ箱くのざぞ。

天と地との親の大◉様の御命みことですることぞ、幾ら悪神ジタバタしたとて手も出せんぞ、この世 三角にしようと四角にしようと、元のこの方等ほうらの心のままぞ。

後から来た守護神 先になるから、今の役員そうならんように神示で知らしてあるのざから、よく裏の裏まで読んで腹に入れて、何一つ分からんコトの無い様にしてくれよ、今に恥ずかしいことになるぞ。

元の大和魂の誠の身霊揃うたら、人は沢山なくても この仕組み成就するのざぞ、と申してあろが、末代動かぬ世の元のイシスエ 築くのざから、決まりつけるのざから、気浸けおくぞ。

キが元と申してあろがな、うえは上の行い、なかは中、しもは下の行い、作法、あるのざぞ、混ぜこぜにしてはならんぞ、この内からキチリキチリと礼儀正しくせよ。

三月十一日 ヒツ九カ三

気の巻 第八帖

今までのしてきたコトが、なるほど天地の◉の心に背いているというコト 心から分かりて、心からお詫びして改心すれば、この先 末代身霊を構うぞ。

借銭 負っている身霊は、この世に置いて貰えんことに規則決まったのざぞ、早う皆に知らしてやれよ

建て壊し、建て直し、一度になるぞ、建て直しの世直し早うなるかも知れんぞ、遅れるでないぞ。

建て直し急ぐぞ、建て直しとは元の世に、◉の世に還すコトざぞ、元の世と申しても泥の海ではないのざぞ、中々に大層なコトであるのざぞ。

上下グレンと申してあること よく腹に入れてくれよ。

三月十一日 一二◉

気の巻 第九帖

悪いコト待つは悪魔ぞ、いつ立て替え、大峠が来るかと待つ心は悪魔に使われているのざぞ

この神示 世界中に知らすのざ、今までは大目に見ていたが、もう待たれんから見直し聴き直し無いぞ、◉の規則通りにビシビシと出てくるぞ。

世界一平いったいらに泥の海であったのを、修理固成つくりかためたのは国常立命であるぞ、親様を泥の海にお住まい申さすは勿体無いぞ、それで天にお昇りなされたのぞ。

岩の神 荒の神 雨の神 風の神 地震の神殿、この◉◉様、御手伝いで此の世の固成かため致したのであるぞ。

元からの龍態りゅうたい 持たれた荒神あらかみ様でないと今度の御用は出来んのざぞ、世界修理固つくりかためてから臣民創りたのであるぞ、何も知らずに上に登りて、◉を見下ろしているようで、何でこの世が治るものぞ。

天と地と・・・・・御恩五音ということが◉の国の守護神に分かりておらんから、難儀なコトが、いよいよどうにもならんコトになるのぞ、バタバタとなるのぞ。

臣民 産まれ落ちたら、うぶ御水おんみずを火で温めて産湯うぶゆを浴びせてもらうであろが、その御水はお土から戴くのざぞ、焚き火 ともしは皆 日の大◉様から戴くのぞ、御水と御火と御土で、この世の息あるもの、生きているのざぞ。

そんなことくらい誰でも知っていると申すであろが、その御恩ミスヒツチということ知るまいがな。

守護神も曇りているから◉◉様にも早うこの神示読んで聴かせてやれよ、世間話に花咲かす様では真琴まことの役員とは言われんぞ、桜に花咲かせよ。

せわしくさしているのざぞ、しいのは神の恵みざぞ、今の世に世話しく無かったら臣民腐ってしまうぞ、忙しく働けよ。

三月十一日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十帖

山の谷ま谷間で曇りているぞ、曇りたところへ陽の雨降るぞ、曇りたところには神は住めんぞ、◉無き所いよいよだぞ。

酷い事あるぞ、◉がするのでないぞ、臣民 自分でするのざぞ。

一日ひとひ一日延ばして改心するように致したなれど、一日延ばせば千日練り直さなならんから、◉はいよいよ鬼となって規則通りにビシビシと埒明けるぞ、もう待たれんぞ、どこから何が出て来るか知れんぞと申してあろがな。

花火に火点けよ、日本の国の乱れて来たのは 来られんモノを来らしたからぞ。

三千年の昔に還すぞ、三万年の昔に還すぞ、三十万年の昔に還さなならんかもしれんぞ。

家内和合かないわごうできん様では、この道の取り継ぎとは申されんぞ、ワが元ざと申してあろが、和合できぬのは虎と獅子ぞ、どちらにも巡りあるからざぞ、昼も夜もないのざぞ、坊主 坊主臭くてはならんぞ。

三月十三日 一二◉

気の巻 第十一帖

一二三とは限り無き◉の弥栄であるぞ

ヒは始めなき始めであるぞ

ケは終わりなき終わりであるぞ

◉のはたらきが一二三であるぞ

始めなく終わりなく 弥栄の中今ぞ

一二三は◉の息吹であるぞ 一二三唱えよ

◉人共に一二三唱えて岩戸開けるのざぞ

一二三に解けよ 一二三と息せよ

一二三着よ 一二三食せよ

始め一二三あり 一二三は◉ぞ

一二三は道ぞ 一二三は祓い清めぞ

祓い清めとは弥栄ぞ ◉の意気ぞ

天子様の息ぞ 臣民の息ぞ

獣 草木の息ぞ

ヒであるぞ フであるぞ ミであるぞ

ケであるぞ レであるぞ ホであるぞ

龍態渦気であるぞ 大渦であるぞ

皆の者に一二三唱えさせよ

五柱 御働きぞ 八柱 十柱 御働きぞ

五十蓮イツラぞ 意漏波イロハぞ 分かりたか

三月十四日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十二帖

見苦しきたまには見苦しきモノ者:物 映る憑る:移るぞ、それが病の元ぞ、見苦しきモノに見苦しき霊あたるぞ、それで早う洗濯掃除と申してくどう気つけておいたのぞ。

◉の試しもあるなれど、所々に見せしめしてあるぞ、早う改心してくれよ、それが天地への孝行であるぞ、天子様への忠義ちゅうぎであるぞ。

鎮魂みたましずめには神示ふで読みてかせよ、三回、五回、七回、三十回、五十回、七十回で初めはよいぞ。

それで分からぬ様なればお出直しで御座る。

三月十五日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十三帖

世に落ちておいでなさる御方、御一方おんひとかた、龍宮の乙姫殿、御守護あそばすぞ。

このかた、天晴れ表に現れるぞ、これからは神徳貰わんと一寸先へも行けんことになったぞ、御用さしてくれと申しても、巡りある金は御用にならんぞ、巡りになるのぞ。

自分のモノと思うのが天の賊ぞ、これまで世に出ておいでなさる守護神、九分九厘まで天の賊ぞ。

偉い人いよいよとんでもないコトになるぞ、囚われるぞ、痛い目に遭わされるぞ、今に目覚めるなれど その時では遅い遅い。

オカミも一時はなくなるのぞ、一人一人何でも出来る様になりておりてくれと申してあること近うなりたぞ。

ヒの大◉気つけてくれよ、どえらいコトになるぞ。

一厘のコト言わねばならず、言うてはならず、心と心で知らしたいなれど、心でとりて下されよ、よく神示読んで悟りてくれよ、◉頼むのざぞ。

三月十六日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十四帖

三月三日から更に厳しくなるから用意しておけよ、五月五日から更に更に厳しくなるから、更に用意してどんなこと起こってもビクともせん様に心しておいてくれよ。

心違うているから、臣民の思うことの逆さばかりが出てくるのざぞ、九月八日の仕組み、近づいたぞ、この道は結び、ヒフミとヒラキ、皆結び、神々 地になり、悉く弥栄へ戦つきはつ大道ぞ。

一時はこの中も日の消えた様に寂しくなってくるぞ、その時になってお陰落とさんようにしてくれよ。

◉の仕組いよいよ世に出るぞ、三千年の仕組み晴れ晴れと、富士は晴れたり日本晴れ、桜花さくらばな 一二三と咲くぞ。

三月十七日 ヒツ九カ三

気の巻 第十五帖

誠 申すと御身に逆らうであろが、その耳取り替えてしまうぞ、我に分からん巡りあるぞ。

今度は親子でも夫婦でも同じように裁くわけにはいかんのぞ、子が天国で親 地獄というようにならんようにしてくれよ、一家揃うて天国身霊となってくれよ。

国みな揃うて◉国となるよう努めてくれよ、巡りは一家分け合って、国中分け合って借銭なしにして下されよ、テンメイ代わりに詫びしてくれよ、役員代わりて詫びしてくれよ。

この神示 腹に入れておれば、どんなこと出て来ても、どう わるから心配ないぞ。

天誘為あなない 元津神々 人の世 開き和し

ことごとく言事組神人かみひと密つ道 勇み

全ては一二三一二三となり 和し勇む大道

三月十九日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十六帖

元津神世の道は満つ

一時は闇の道 開き極み 富士の世よ

鳴り成るには 弥栄に変わり 和皇わすの道

道は弥栄 一二三道 出でむつ

月の神足りたりて鳴り 新しき大道 満つ

神々満ち 歓喜咲えらぎ 百千万ももちよろずの善きこと 極む

いよいよとなり 何もかも百千ももちと開き

満ち栄え 道極み進み

満ち極み 誠の神理 極む

元の光の神々 歓喜咲 更に進む世

和合 先ず成りて ももの世 極みなる

世に光る神々の大道 神々ことごとに歓喜咲て

大道いよいよ開き進みて

大真理世界の三つは一と和し

鳴り成りて初めて まことの愛の世 極み来る

弥栄の世の神 人 神人分け隔てなく光輝き

道は更にきわみの極みに進み動き

在りとあらゆることごとくの成り結び

更に新しく更に極むるの大道 神代歓喜の世よ

三月二十日 ヒツ九ノカ三

気の巻 第十七帖

すり鉢に入れて捏ね回しているのざから、一人逃れようとて逃れること出来んのざぞ、逃れようとするのは別れ良しざぞ。

今の仕事、五人分も十人分も精出せと申してあろがな、意削ぐでないぞ、その御用済みたら次の御用にかからすのざから、この世の悪も善もみな御用と申してあろが、身霊相当の御用 致しているのざぞ。

仕事しながら神示 腹に入れていけば 仕事 段々変わるのざぞ、神示 声立てて読むのぞ と申してあること忘れるなよ、その上で人にこの道伝えてやれよ、無理するでないぞ

捨てて大き息吹に説けるのざぞ、◉の息吹に溶け入るのざぞ、御稜威五ミイヅに融け入るのざぞ。

いよいよ神示一二三となるぞ、一二三とは息吹ぞ、耳に知らすぞ、言わねばならぬから、一二三として、息吹として知らすぞ。

神示よく読めば分かるコトぞ、神示読めよ、読むと神示出るぞ。

この巻は「気の巻」と申せよ。

富士は晴れたり世界天地日月晴れ、岩戸開けたり世界晴れぞ。

三月二十日 ヒツ九ノカ三

この記事へのコメント

コメントする

目次