一二三神示 第十巻 水の巻

一二三神示 水の巻 天地日月
目次

水の巻 第一帖

み◉の巻書き知らすぞ

見渡す限り雲もなく 富士は晴れたり日本晴れ 海は晴れたり日本晴れ

みなと々に◉の丸のはた ひるがえる◉の国

それまでにに言われん言あるなれど頑張りてくだされよ

水もなくなるぞ 天子様おろがみてくれよ

天子様は神と申してあろが なあまだ分からんか 国の神大切せよと聞かしてあろが

◉様にお灯石あかしばかり供へてはまだ足らぬのぞ お灯石と共に水捧げなならんのざぞ

火と水と申してあろ 筆よく裏の裏まで読みてくだされよ 守護神殿祀りてくれよ

纏わらねば力現れぬぞ 守護神殿は柏手四つ打ちておろがめよ

元の息神様には水がどうしてもいるのざぞ 火ばかりでは力出ぬのざぞ 分かりたか

曇りなく空は晴れたり

元三月十日 水のひつく◉

水の巻 第二帖

ひふみ祝詞であるぞ

高天原たかあまはらかみつます かむ神霊こともち

すめかむ いさなの尊

つくし日迎ひむか立花たちはなおとのあやきはら

身解き祓ひ給ふ時に成りませる祓ひ戸の大神達

もろ々の禍事まかこと罪穢を

ひ給へめ給へと申すことのしよ

天つ神国つ神 よろつの神達共に

あめふちこまふり立ててこしせと

かしこみ拝みも

あめのひつくの神 護り給へさちはへ給へ

天のひつくの神 やさかましませ弥栄いやさかましませ

元三月十日 水のひつく神

水の巻 第三帖

◉の子は◉としての自分養ことも務めの一つであるぞ

取り違いすると大層なことになるから気つけておくぞ

書かしてあるご神名はご神体として祀りてもよく お肌守りとしてもよいぞ 皆に多く分けてやれよ

ご神名いくらでも書かすぞ その用意しておいてくれよ ◉急ぐぞ

はら祝詞のりと書き知らすぞ

けまくもかしこいさな神様

つくしの◉むか立花おとのあやきはら

身解き祓ひ給ふ時に成りませる

月たつふなとの神 道のなかちはの神

おかしの神 わつらひのうじの神

ちまたの神 あきくひの氏の神

大き栄るの神 大きつなきさの神

おきつかひへらの神 へさかるの神

へつなきみ日子の神 へつかひへらの神

闇まかつ日の神 まかつ日の神

かむなほの神 なお日の神 ひとつの目の神

底つわたつみの神 底つつのをの神

つわたつみの神 中つつのおの尊 

うわつわたつみの神 つつのをの尊

祓ひとよ柱の◉たち共に

々の禍事まかこと罪穢を祓ひ給へ清め給へと申す言を

聴こしめせとかしこみ拝みも申す

月に受け日の言葉知らすぞ

ご三体の大神様 ご三体の大神様

日月の大神様

国常立の大神様 豊雲の大神様

の大神様 素盞なるの大神様

あめの神様 かせの神様

いはの神様 あれの神様 ちしんの神様

きの神様 かねの神様 日の神様

日の出の神様 龍宮ノ姫様

よろつの息神様

ことてん照皇しん

豊受の大神様をはじめたてまつ

世の中の息神様 産土の大神様の御前おんまへ

広きつきご守護のほど有難く 

恩礼申し上げます

この旅の岩戸開きには千万せんまん弥栄いやさかのお働き

願い上げます

天地あめつちむた 弥栄にへまさしめ給ひ

世界のりとあるしんみん一日も早く

改心致しまして 神様のむねひまつり

大神様の御心の間に間に

◉国成就のため働きますよお守り下さいませ

その為このたまこの

何卒なにとそ如何いかにでもお仕ひ下さいませ

御胸の間に間に

誠の◉国の御民としての務めを努めさして頂くよ

無恥むちうちご守護下さいませ 神惟かむなからたまはへませ

次に御先祖様の拝詞はいし知らすぞ

これの身霊神鎮まりますつみおやの神

代々よよの親神達の

またからからの身霊の恩前につつしいやまひも

惟の内には諸々のまかこと罪穢れ荒し

世の守り日の守りに守り咲きひ給ひ

誠神国のたみとしての務めをまつとせしめ給へ

世の守り日の守りに守りささくるものの絶間たまま無き

子孫うみのこの弥栄きにさかへしめ給へと

かしこみ拝み申す かむなから霊地ははへませ

一本の草木でも干して蓄えておけよと申してあろかな

四月二十三日 水の日月の神

み◉の巻 第四帖

お宮も土足どそくにされる時が来る お陰落とさんよに気つけよ

勲章もなんにもならん時が来る 誠一つに頼れ人々

二十四 水の日月神

水の巻 第五帖

外国の言は無くなるぞ

江戸の仕組み元九月五日までに終わりてくれよ 後はいよいよとなるぞ

◉が申した時にすぐ何事も致してくれよ 時過ぎると成就せんことあるのざぞ

桜花さくらばな 一時に散ることあるぞ いよいよ松の代となるのぞ 万劫まんごう変わらぬ松の代となるのざぞ 松の国 松の代 結構であるぞ

この筆声出して読み上げてくれよ くど申してあろが 言霊高く読みてさへおれば結構が来るのざぞ 人間心出してはならんぞ

五月一にち 水のひつくの◉

水の巻 第六帖

が元ざと申してあろかな ◉国負けるといふ心言葉は悪魔ざぞ 気 大きく持ちて下されよ

島国日本に捉われてくれるなよ さいこと思ていると見当取れんことになるぞ

ひ食べよ ふ食べよ 食べるには噛むことぞ 噛むとは神ざぞ

神に供へてから噛むのざぞ 噛めば噛むほど神となるぞ 神国ぞ かみながらの国ぞ かみなから仕事してもよいぞ

青山も泣きる時あると申してあろが

日に千人ちひと食い殺されたら千五百ちいほ産屋うぶや建てよ かむいざなの神のおん教えぞ

ろ身霊は人民も嫌ろぞ

五月二日 水のひつくの神

水の巻 第七帖

みな病気になりていること分からぬか

ひふみ祝詞りてなほしてやれよ 筆読みて治してやれよ

自分でも分からぬ病になっているぞ 早よ治さぬとどにもならんことになてくるぞ

ここの宮仮であるぞ 真中に富士の山造り その周りに七つの山造りてくれよ

拝殿はいでん造りくれよ 筆書かす所造りくれよ てんめ休む所造りくれよ

いづれも仮でよいぞ 早よなされよ

松の心にさへなりておれば何事もすくすくゆくぞ

五月四日 水のひつくの神

水の巻 第八帖

鎮座は六月の十日であるぞ 筆書かして丸一年ぞ

筆で知らしてあろが それからがいよいよの正念場ざぞ びくり箱あくぞ

五月四日 水のひつくの神

水の巻 第九帖

富士は晴れたり日本晴れ いよいよ岩戸開らけるぞ

お山開きまこと結構 松のとなるぞ

元九月八からお祓ひ祝詞に天つ祝詞のふと祝詞 ひふみ祝詞こと入れて宣れよ

忘れずに宣れよ その日からいよいよ◉は◉獣は獣となるぞ

江戸道場やめるでないぞ お山へ移してよいぞ 役員一度辞めてよいぞ また務めてよいぞ

巡りあるから心配あるのぞ 巡り無くなれば心配無くなるぞ

心配無いのが富士は晴れたぞ 富士晴れ結構ぞ

日月ひつきのみたみ いづれも富士晴れ心でおりて下されよ

肉体ちとのであるが たまは限りなく栄へるのざぞ

きん難渋なんじゅうして負けぬよにして下されよ 金馬鹿にしてはならんぞ

焦るでないぞ 焦ると心配事できるぞ

神が仕組みてあること 臣民がしよとて出来はせんぞ 細工はりう々滅多に間違いないのざぞ 見物してござれ 見事してみせるぞ

不和ふわの家 不和の国の捧げもの 神は要らんぞ

喜びの捧げもの米一粒でもよいぞ ◉は嬉しぞ

元九月八日 とどめぞ

六月二日 水の日月の◉

水の巻 第十帖

五大衆ひくり返ていることまだ分からぬか 肝心要のことざぞ 七大州となるぞ 八大州となるぞ

今の臣民に分かるように申すならば

ご三体の大神様とは

天の御中主の神様 高皇産霊の神様 神皇産霊の神様

伊邪那岐の神様 伊邪那美の神様 撞賢木向津姫の神様でござるぞ

の神とは みくまりの神 の水分の神

の神とは 彦の神 支那都姫の神

の神とは 磐中姫の神 岩戸けの神

の神とは いかつちのをの神 き雷おの神

地震の神とは

たけみかつちの神 ふつぬしの神々様おん言でござるぞ

の神とは この花咲くや姫の神

かねの神とは きんかつかねの神

日の神とは わかひめきみの神

の神とは ほほみの神

陸の音姫殿とはたまより姫の神様おん言でござるぞ

この方のこといづれ分かりてくるぞ 今はまだ知らしてならんことぞ

らす時節近づいたぞ

六月十一日 水の日月◉

水の巻 第十一帖

◉第一とすれば◉となり 悪魔第一とすれば悪魔となるぞ 何事も◉第一結構

かいの返しキざぞ 気がもとざと知らしてあろが カイのご用に係りてくれよ

何といふ結構なことであたかと始めは苦しなれど みなが喜ぶよになてくるのざぞ さき楽しみに苦しめよ

ここと締めつけて目の玉飛び出ることあるのざぞ そこまでに曇りているのざぞ

激しく洗濯するぞ 可い子 谷底に突き落とさなならんかも知れん

いよいよ神が表に現れて◉の国に手柄立てさすぞ 神国光り輝くぞ 日本にはまだまだ何事あるか分からんぞ 早く一人でも多く知らしてやれよ

霊磨けば磨いただけ先が見へくぞ 先見える神徳与えるぞ

いくら偉い役人頑張りても 今までのことは何も役に立たんぞ

新しき光の世となるのぞ 古きもの脱ぎ捨てよと申してあろかな

誠心になりたならば 自分でも分からんほどの結構出て来るぞ 手柄立てさすぞ

いくら変わりても勝手は通らんぞ 我折りて素直になりて下されよ

これでいということないぞ いくら努めても努めても これでも良いということはないのざぞ

神の一厘いちりんの仕組み分かりたら 世界一列一たいたいらになるぞ

ますかけ引いて 世界の臣民人民 勇みに勇むぞ 勇むことこのほ嬉しきぞ

富士はいつ爆発するのぞ どこへ逃げたら助かるのぞという心われよしぞ どこに居てもすく者は救と申してあろが

悪き待つ気は悪魔の樹ざぞ 結構が結構生むのざぞ

六月 十一日

水の巻 第十二帖

人間心にはがあるぞ ◉心にはないぞ

我がなくてもならんぞ 我あてはならんぞ

我がなくてはならず あてはならん道理判りたか

神に融け入れよ 天子様に融け入れよ 我無くせよ 我出せよ

建て替へと申すのは 神界 幽界 現界 にある今までのことを 綺麗にちり一つ残らぬよに洗濯することざぞ 今度という今度はどこまでも綺麗さぱりと建替へするのざぞ

立てなほしと申すのは 世の元の大神様の御心のままにすることぞ

美光みひかりの世にすることぞ 天子様の美威出みいづ輝く美世とすることぞ

政治も経済も何もかも無くなるぞ 食べる物も一時は無くなてしまうぞ 覚悟なされよ

正しく開く道場 成り

初め苦し 開き出て 月る道は弥栄

ひらき 世 平吹ひらき  産霊むすひ 

天地あめつち 栄ゆ  始め和のみち

世界の臣民 天子様 おろがむとき来るのざぞ

邪魔せずに見物致されよ ご用はせなならんぞ

この筆読めよ 声高く この筆血とせよ 栄人ますひととなるぞ 天地混ぜこぜとなるぞ

六月十二日 水のひつくノ◉

水の巻 第十三帖

火と水と申してあろかな

火続くぞ 雨続くぞ 火の災いあるぞ 水の災いあるぞ 火のお陰あるぞ 水の災い気つけよ

火と水 入り乱れての災いあるぞ 近こなりたぞ 火と水のめぐみあるぞ

一時は◉のことも大き声で言へんことあるぞ それでも心配するでないぞ 無事晴れるぞ

家族幾人居ても金要らぬであろが 主人あるじどしりと座りておればおさまておろが

神国のかた残してあるのざぞ 国治めるに政治要らぬぞ 経済要らぬぞ

おろがめよ ◉祀れよ 天子様拝めよ 何もかもみな◉に捧げよ ◉から戴けよ 神国おさまるぞ 戦も治るぞ

今の臣民口先ばかりで誠申しているが 口ばかりでは尚悪いぞ 言めてつかまつれ 天くり変えるぞ

六月十三日 水のひつくの神

水の巻 第十四帖

今までは闇の夜であったから どんな悪いことしても闇に逃れること出来てきたが 闇のよはも済みたぞ

思い違う人民沢山あるぞ どんな集いでもたいしよはみな思い違うぞ 早よさぱり心入れ替えて下され

◉の子でないと◉の国には住めんことになるぞ 外国へ逃げてゆかなならんぞ 二度と帰れんぞ 外国ゆきとならぬよ根本から心入れ替へてくれよ

日本の国の臣民みな兵隊さんになった時一度にどと大変が起こるぞ みな思い違うぞ

カイのご用はキのご用ぞ それが済みたらまだまだご用あるぞ

ゆけどもゆけども草茫々ぼうぼう どこから何が飛び出すか 秋の空紅蓮と変わるぞ

この方 ばけに化て残らずの身霊調べてあるから 身霊の改心中々に難しから 今度という今度は天の規則通りビシビシとらちけるぞ

ご三体の神様 三日この世を構いなさらぬと この世はくにやくにやとなるのざぞ

結構近づいているのざぞ 大層近づいているのざぞ

この筆読みて神々様にも守護神殿にも聴かせてくれよ

いよいよのひつくの神様おん懸かりなされるぞ

元五月五日 水のひつく神

水の巻 第十五帖

日の春は一の宮と土壌であるぞ おみなは中山ぞ 奥山も造らすぞ

富士火吐かぬよおろがみてくれよ 大難小難に祀り替へるよ拝みてくれよ

食べ物戴く時はよくよく噛めと申してあろが 上の歯は火だぞ 下の歯は水だぞ

日と月とわすのざぞ かむ 神漏

噛むと力生まれるぞ となるぞ 肉となるぞ

六月十七日 ひつくの神

水の巻 第十六帖

かいの祀り結構でありたぞ

◉へたけしたヤのみさキご苦労であったぞ

みなの者お山ご苦労であったぞ

みへたさいとかとつつキ ささキアさかわいしもとかむへたけしたかとたヤのさとたかキしんぼ しよだたかたご苦労であったぞ

てんめご苦労ぞ まだまだご苦労あるぞ たまの宮造りてよいぞ

われのこと言はれて腹立つ様な小さい心では 今度のご用は出来はせんのざぞ 心大きく持てと申してあろかな

六月二十 ひつくの神

水の巻 第十七帖

かいのご用は気のご用であるぞ 臣民は身のご用務めてくれよ のご用であるぞ

美のご用とは体のご用であるぞ 身養う正しき水開いて伝えてくれよ

今までの筆読めば分かるよにしてあるぞ

のご用に使う者もあるぞ キミのご用さす者もあるぞ

奥山は男の山に開いてくれよ ご苦労ながら結構な御役であるからご苦労であるぞ

お守りの石 どしどしさげてよいぞ

み◉の巻 これで終わりぞ

六月二十三日 水の日月◉

この記事へのコメント

コメントする

目次